理想のママにはほど遠い

主婦ネタ・ママネタメインの雑記帳

漫画感想 渡辺ぺこ「1122(いい夫婦)」が刺さりすぎてつらい

こんにちは、もちみです。

今日は夫婦に関する漫画の話題です。

本日はアマゾンプライムセールですね。私もアマゾンのkindle端末で漫画を読むようになって久しいので、漫画用kindleを購入しようか迷い中です。

今回はそんなkindleで、渡辺ぺこさんの漫画「1122(いいふうふ)」を読んだら予想以上に刺さりまくった話です。前作「にこたま」を読んでいたので興味を持ちました。

最近、独身女性に刺さりまくった漫画として有名なのは「東京タラレバ娘」かと思います。

今回の「1122」は既婚女性が主人公ですが、「東京タラレバ娘」的な「なんてもの描いてくれたんだ!」という既婚女性の叫びが聞こえる漫画ではないかと思います。少なくとも私にはガッスガッス刺さりまくって瀕死の重傷を負った気分であります。

※セックスレスについての話題を書くので、嫌悪感のある方はお読みにならない方がよいです。

 

あらすじ

妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の“恋人”美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!

amazon商品ページより引用 

1122(1) (モーニングコミックス)

1122(1) (モーニングコミックス)

 

 

あらすじだけ見ると「なんだ単なる不倫ものか」って感じなんですよね。「婚外恋愛許可制」というのは面白いけど、結局は元サヤにおさまるか、不倫相手に本気になるか、どっちかだろう、と。おそらくストーリー自体はそのどっちかの結末に落ちると思うんですけど、注目すべきはその過程で夫婦ってなんだろうを描き出すリアルさ、なんです。

だらだら書いてると収束つかなさそうなので、私が刺さったポイントを3つご紹介します。

 

①性欲は凪 ほぼ無風

女子会で各々が性欲について語ってるシーン。主人公の性欲は「基本凪。ほぼ無風。

ここがねー、ほんと言い得て妙だなと。

産後の私がほんとこれなんですよね。凪。

まぁこれは産後特有のものなのかなとも思うんですが、産前も割と凪だったもので、今の状態がそんなに違和感ないんです。

この漫画的には子なし夫婦のいちこがこの状態、ってところがポイントなんでしょうが、凪って表現に「あぁー」と思うレスの人は多いのではと思われます。

 

またその女子会では、

「性欲と愛情って似てるから 愛情が放出できれば気がすんじゃうとこある」

っての出てくるんですけど、今凪なのは子育てしてるからなのかな。

 

②旅行で再起をはかる妻、恋愛に浮かれる夫

おとやが不倫相手に恋をしていて、キラキラしている。

婚外恋愛を認めたのは自分なのにそれを見てモヤモヤしているいちこ。

逃げられると、追いたくなるのが人間の性。

結婚記念日の旅行に向け、いちこは身体を締め直すべく、なつかしのビリーズブートキャンプを引っ張り出す。その頃おとやは不倫相手を想い、メールをしながら頬を染める。

うーん、この辺の擦れ違い方が妙にリアル。

 

旅行先では、いつもと違うダブルベッド、ほろ酔い、家族風呂、そしていい下着。すっかりそのモードのいちこはおとやに覆いかぶさるけれど思いっきり拒否られます。

これもう、女性としては屈辱以外の何物でもないというか。いちこはセックスがしたかったんじゃなくて、おとやに自分を向いてほしかったしムラムラしてほしかったんだと思うんですが、結局自分から行って思い切り拒否られるわけです。

 

その流れでなんでセックスレスになったかを話すんですが、

いちこは「今日はちょっと疲れてるから」くらいのことを言った認識だったけど、

おとやは「(うんぬんかんぬん)つまり外でしてこい」

と言うことを言われて心が折れた、と。

 

ここが本当に刺さりました

私たちも実はこの夫婦みたいに付き合いが長いのです。付き合って5年、結婚して4年。(たしか)長い付き合いになるとね、ほんと不思議なんですけど、「めんどくさいから、無理」とか平気で言えちゃうんですよね。だって私たち仲が良いし、こんなことしなくても、平気でしょ、っていちこと同じこと思っちゃう。

でも、上で女性が拒否られるのつらいって書いたけど、男性だって、多分十分つらいんだろうなー。しかもおとやは、外で発散してきていいよ、とまで言われてるわけで。

そりゃまぁ心も折れるよね。

 

おとやんは優しいから。いちこがそういうなら仕方ないって、必死で心を切り替えたんだと思います。いちこはそこまでのこと言った認識ないから、外でしてもいいけど、心までは持ってかれまい、と思ってたんじゃないかな。

なんていうんだろうこの辺の、女性側の考え方と、男性側の考え方と、ギャップを描くのがうまい漫画なんですけど、言葉じゃうまく説明できない!

 

ただこれ、似たような関係性にある夫婦は、多いんじゃないかと。漫画冒頭に出てくるアンケートでも、レスになった要因の女側の1位「めんどくさい」ですからね。

男は子孫残すための本能、だけど、女は子供守るのが本能、だから、産後なんてますますめんどくさい、から離れられなさそう。

 

ちなみにうちの旦那はちょっとこの夫婦の旦那さんに似ている。優しくて、家事できて、ガツガツしていない。

 

・・・あれ?なんかちょっと心配になってきた・・・

 

③相手の女性にも同情できる

前作「にこたま」では相手の女性には正直寸分の同情もできなかったんですが、今回は相手の女性にも、感情移入できちゃうんです。

 

相手の女性、美月はちょっと儚げな美人。夫はモラハラ気味で、育児はすべて妻任せ。多分高収入エリート。子どもは発達に遅れがあるため幼いころから療育施設に通い、母として懸命に向き合っている。

子どもが療育施設に通ってる、って時点で、赤ちゃん持ちの私としては、心がぎゅっとなるわけで。うちの子だってどうなるか分からないし。でも子どもの為ならどんなことだってしたい、って思うし。しかもこの人は夫に全く頼れなくて、一人で子どもに向き合ってる。おとやはそんな彼女に寄り添ってくれる。

少なくともいちこが望んでいたような、不倫相手ではないんだと思います。いちこが求めていたのは性欲だけを満たす相手。おとやが見つけたのは恋愛ができる相手。しかもいわゆる一般的な"家族"を疑似体験させてくれる相手。相手への愛情を注ぐツールとしてセックスがある。

 

子持ちの私としては、いちこにも、不倫相手の美月にも、どちらにも感情移入できてしまうから困る。夫婦におけるセックスって何だろう、って自分に問いかけずにはいられません。

 

まとめ

自分たちは結構いい夫婦(もしくはカップル)、だと思っているけどでもレスなんだよな、って方がいたら、多分私同様グサグサ刺さると思います。

今後は、設定がおもしろい分失速しないかが気になりますが、興味ある方はぜひ。

 

1122(1) (モーニングコミックス)

1122(1) (モーニングコミックス)

 
Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル
プライムセール中なら約半額で購入できますよ

 

本日は以上です。